いちごのはちみつはなぜ存在しないか知っていますか?

1月5日がいちごの日なのかな?

1月15日はイイいちごの日?

とにかく今月はいちご月間みたいだし、ハウス栽培のいちごもたくさん実っているシーズンなので

いちごとミツバチのおはなしを。

いちごキャンドルに込める想い

毎年同じ話をしているけど、こちらのウェブは昨年リニューアルしたので改めて。

 

今年もminneのいちごモチーフ特集に載せていただいたけれど、

かわいいからという理由だけで作っているわけではないakarizmのミツロウいちごキャンドル

いちごキャンドルとケーキ

ワークショップで作るときは必ずいちごの受粉をミツバチがしてくれているという話をしています。

人間以外の生きもののおかげで私たち人間が生きていられることを

時々でいいから思い出してほしい。

そんな想いを込めて作っています。

 

いちごとミツバチの関係

さて、本題いきましょう。

なぜいちごのはちみつは存在しないのか

 

いちご狩りに行ったことのある方は

ビニルハウスにミツバチの巣箱が置かれているのに

気がついたかもしれません。

いちごのビニルハウス

 

いちごの受粉にミツバチは大活躍しています。

甘くてまあるい美味しいいちごが実るのは

ミツバチが花から花へと飛び回ってくれているおかげです。

いちご

でも「いちごのはちみつ」って、見たことないですよね?

「れんげのはちみつ」とか「アカシアのはちみつ」「みかんのはちみつ」などはあって、

それぞれの花の香りがして美味しいですが、

いちごのはちみつはありません。

はちみつ

 

なぜなら、

いちごの花からはほとんど蜜がでないから

ミツバチは蜜を集めてはちみつを作ることができないのです。

いちごの花

 

飛び回って集めているのは主に花粉です。

でもいちごの花は花粉もあまり多くはないんです。

花粉団子

 

だからミツバチにとっていちごのビニルハウスはあまりよい環境とはいえないし、

効率も悪くて好きな花ではないはずなのに

受粉してくれて、美味しいいちごができるために働いてくれて

感謝しかありません。

感謝の気持ちを込めて灯すミツロウキャンドル

いちごキャンドル

ありがとうの気持ちを忘れないために、

いちごとミツバチの関係を知ってもらうために、

ミツロウでいちごのキャンドルを作っています。

 

ミツバチが生きやすい環境を意識して暮らす人が増えますように。

 

ミツロウいちごキャンドルを作ってみよう

いちごのミツロウキャンドルを作ってみたい方へ。こちらのページもご覧ください。

https://akarizm.com/strawberryset/

いちごキャンドルがおうちで作れる
レシピと材料入りのキットも販売しています。

くるくるキャンドルづくりセット

LINE公式 @akarizm

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA